話題のドライブスタイル!車中泊!って経験したことありますか?

我が家は年に数回ですが釣りやキャンプ
行く時など、渋滞を避けて早めに現地に到着し
車中泊をします☆

連休にお出かけするにはお金もかかる!
少しでも節約したい!
少々の不便ならガマンする・・・

もしあなたがそう思えたなら今年は
車中泊にチャレンジ!!

遠方への家族旅行なら、車で高速道路を使うことが多いですよね?
サービスエリアやパーキングエリアはありがたい車中泊ゾーン

車中泊でのポイントは、女性やお子さんが一緒なら

①トイレが近くにあるところ
②街灯など適度な明るさのあるところ
 

に車を止めること

おうちや出先で用意した飲み物や食べ物で食事をしたら
トイレも近くなりますよね

そして真っ暗な環境って現代人には、なかなか体験してない状況の方が多いはず
眠るのに明るすぎず、ライトを持たなくても歩ける程度の明るさ
あったほうが便利です

そして眠ることが車中泊の一番の目的なので
車の中で ちゃんと眠れる状態を作ること
これが一番大事なんですよ

フルフラットにならないシートで寝返りもうてない中では
慣れないと眠るのは難しいものです

車中泊専門店オンリースタイル
さんで便利な車中泊用のマットを見つけました♪






こういうものがあるのとないのとでは全く違います!

長く使えるものなのであると絶対便利♪
災害時など、非常用にも使えますしね☆

枕やタオルケットなどは自宅から
少々汚れてもイイものを持っていけばOK!

もし、エアコンなどを一晩中使いたいという方は
ポータブルバッテリーをオススメします

カーバッテリーをそのまま使い続ければあっと言う間に
バッテリー上がりになってしまいます
それに、車の稼働音って静かな場所や夜間には相当響くもの
他の方の迷惑にもなっちゃいますからね


個人的にはアウトドアってものは
少々の不便さを楽しむもの
というイメージがあるので
我が家では 
エアコンなしで車中泊できない時期には行かないw

でも小さなお子さんなどとご一緒される場合は必要かと思いますヨ^^

そうそう
車中泊でやってはいけないことも追加しましょう

車中泊はあくまで 
眠って泊まるためのモノです


オートキャンプではありません
だから車の外でのテーブルを広げての飲食や
夜中の大騒ぎなどはNGです

サービスエリアや一般道の道の駅などは休憩する場所なので
他の方の迷惑にならないように♪
ゴミも当然持ち帰りましょうね☆

めったにやらない体験ってことで
想い出になるかもしれない車中泊
いかがですか?










関連記事
 カテゴリ
 タグ
None