お料理ビギナーさん、和食って難しそう・・・って思ってる方向け♪
定番でありながら、簡単にできる和食

「ブリ大根の作り方」

うちはダンナさんが、おかずがいっぱいあると嫌がる珍しい?うちなので
ご飯、汁モノ、メイン、副菜程度しか作りません

今回は、ある日の夕食から
 「わかめの味噌汁」 「ホウレンソウの胡麻和え」 「ブリ大根」 ってメニューから
作り方をご紹介♪


①材料を冷蔵庫から全部出します
 ブリはアラを使うとイイだしと油が出てオイシイですよ♪

100203_1847~01

②小鍋にお湯をはって、乾燥わかめを入れて戻します
  ついでにもうひとつ大きめの鍋に、ホウレンソウをゆでるためにお湯を沸かしましょう
  コンロは二つ使います

100203_1848~01

③お湯が沸くまでに、大根とホウレンソウをカットします
 わかめが戻ったら、そのままお湯を沸かします

100203_1851~01  100203_1854~02

④お湯が沸いたらホウレンソウをゆで、その間に味噌汁も作っちゃいましょう♪
 味噌汁は出来たらすぐにコンロからおろします(←味噌汁終了)
 
 うちは母が歯が悪いので、大根は半分くらいにカット
 今回はキレイな大根なので皮も使っちゃいます
 (皮を使う場合は少し厚めにむいて使います)

 ひとつあいたコンロにフライパンを置き、ブリのアラを焼きます
 (焼いておくと煮崩れしにくく、魚臭さも取れます)

100203_1903~01  100203_1858~01

⑤ゆで上がったホウレンソウをザルにあけ、ゆでた鍋に載せて水気を切ります
 これも流しの脇など、コンロからおろしておきます
 
 ブリは焼き色が付くくらいまで放置します
 でも焦げないように、時々そっと、ひっくり返すこと

100203_1856~01  100203_1900~01

⑥ブリを焼いてる間にホウレンソウをザルからあけ、水気を絞って使った鍋に戻します
  そのまま市販の胡麻和えの元をまぶし、器に盛っておきます
  (←ホウレンソウの胡麻和え終了)
  (胡麻和えの元は手作りしてもOKですが、うちは人数が少ないし簡単なのでコレ♪)

100203_1905~01  100203_1907~01

⑦ホウレンソウをゆでた鍋を洗い、大根を入れ、大根がひたるくらいより
 少し多めに水を入れて沸かします
 (根菜類は水からゆでるのが基本です)

 ある程度、お湯が沸いたら、だし、酒、みりん、砂糖、醤油テキトーに入れます♪
 味は好みなので、自分で気にいるまで味見して決めましょう
 煮込むので、気持ち薄いかな?くらいでちょうどイイですよ^^

100203_1910~01  100203_1914~01

⑧ぐつぐつしてきたらアクが出てくるので、ある程度取って、焼けたブリを入れます
 ブリからもアクが出るので、キレイに取りましょう

 100203_1918~02  100203_1920~01  100203_1923~01

⑨煮込んでいる間に洗い物を済ませます

100203_1915~01

⑩大根に少し色がついたくらいで、ショウガを入れます
 うちはチューブですが、けっこうたっぷり入れます
 
 煮崩れしないようにそっとかきまぜ、ぐつぐつぐつ・・・

100203_1927~01  100203_1930~01

⑪大根がおたまでサクッと簡単に切れるくらいまで煮込んだら
 出来上がり♪(←ブリ大根終了)

100203_1945~01  100203_2043~01

下ごしらえから、洗い物、片付けまでで50分くらいですかねー
使った調理器具は、包丁、小鍋、少し大きめの鍋、フライパン、ザルそれぞれ1個ずつ
煮物は煮込む時間は少しかかりますが手順は

切る 焼く(魚や肉を入れる場合) 煮る

だけですから、料理の基本すべて入っていながら、難しい切り方もなく、簡単です♪
煮込み時間が長ければ、その間にTVを見たり好きなことできますしねw
※もちろん、火のそばにいない時は、火加減はとろびか弱火で、時々見に行くのが必要です

材料や調味料の量は、あえて記載なしです

スイーツは量ををきちんと測るのが基本ですが、食事の料理は
個人や家族のお好みで 
味は気にいるまで味見して
キメていくのが一番!

全く分量の検討がつかないなら、小さじ1杯から試してみてください
薄味からなら、味の調整はいくらでもできます
いきなりドバっと多めに、濃い味付けにしてしまうと薄めるのは難しいものですからね☆








関連記事
 カテゴリ
 タグ
None