→→→ タイヤ交換のやり方 ③の続き  

⑬レンチなどで、体重をかけて、しっかり締めます 

 14.jpg

  ⑭ホイールカバーをタイヤと鉄(ホイール)部分の間の溝に、はめ込みます 

 16.jpg

  ⑮多分、簡単には入らないので足まかせでもよいので
外れないように、しっかりはめ込みます 

 17.jpg

ハイ、これで1本交換完了です♪
あとは残りのタイヤも同様に作業するだけです。

日ごろから、お手入れをきちんとされている方やパワフルな方なら
女性でも軽自動車のタイヤなら交換できると思います

大きな車は、タイヤ自体、大きく大変重いので、まずは持ち上がるかどうかがミソ^^;

また、走行中のオイルや泥水など、半年もたてばボルトなどは
どろどろに汚れていますので、ハンパなことでは緩みません
私も自分で出来ないかチャレンジしましたが、全く緩められず断念しました^^;w

あると便利な道具としては説明にもありましたように
サイズの合う 十字レンチ 
※タイヤによってサイズが変わります

また、電動インパクトレンチ(ナットを緩めるのと締めるのができるもの) 
があると作業効率はグンと上がります♪ 
※家庭用電源が使えるか、工業用と間違えないよう注意が必要です

うちではダンナさんの車には
こちらを使っています♪

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

また、冬場以外の保管に、タイヤラックはあったほうが便利です
大きいタイヤだと、ラックのスペースは、80cm四方くらいの面積と1mくらいの高の場所も必要ですが
大きく重たいタイヤですから保管もしっかりしておいたほうがベターですね^^
台風や地震で転がったら事故にもなりかねませんから☆


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



チャレンジされていない方

スタンドなどでお願いすればラクですけど 
毎年やること考えたら
道具を少し用意して、自分で少々がんばれば、その後何年も

 タダ ですから
節約したい方にもおすすめです♪




関連記事
 カテゴリ
 タグ
None